自動車

オーストラリアで程度の良い中古車を購入するコツと知っておきたい情報

投稿日:2018年5月1日 更新日:

車社会のオーストラリア。都市部でしたら無くても生活できますが、持っていれば非常に便利な物です。

新車を購入出来る一部の余裕のある方を除いて、多くの人は中古車を購入する事になるでしょう。私もいつか新車と思いながら10年以上のオーストラリア生活でずっと中古車を乗っています。

中古車を購入する方法は2種類あり、カーディーラーから購入するか個人間での売買になります。

カーディーラーから購入する

カーディーラーには新車と中古車を取り扱う自動車メーカー系のカーディーラー、そして中古車だけを専門に取り扱う独立系や個人経営のカーディーラーがあります。

中古車を購入するにあたり一番重要なポイントは品質と価格だと思われますが、自動車メーカー系ディーラーだから全幅の信頼が寄せられるかというとそんな事はなく、独立系のディーラーの方が安心な事もありますし、その逆もあります。要はケースバイケースという事です。

まずはディーラーのウェブサイトがあれば事前に調べて目ぼしい車をピックアップしておくのが良いでしょう。そして実際に見学に行く場合は、外観だけでなくディーラーの近所の公道をテストドライブをする事が必須です。

テストドライブの際には、エンジンのかかり具合、エンジン音、ハンドルを回した感じ、ブレーキの効き、タイヤのサスペンションの確認などの走行関連に加えて、ボンネットを開けてエンジンルーム内のチェックをしましょう。

エンジンルーム内は綺麗か、エンジン回りにオイル漏れが無いかは自分の目で確認出来ます。ラジエターと冷却水タンクは異常が無いか、バッテリーは何年位になるか等はディーラーの販売員に聞いてみましょう。

またエアコンがちゃんと稼働しているのも大事なチェックポイントですので、テストドライブの際にはエアコンも点けてみましょう。

オージーの友人から聞いた嘘か本当か判断しづらい話ですが、例えディーラー車でもカーメンテナンスの際にエンジンルームや電気系統にメカニックが故意にダメージを与えるという話です。車が不調だと修理に戻って来るので売り上げが上がるというのが理由だそうです。

日本でしたらあり得ない話ですが、果たして本当なのでしょうか。

個人売買で購入する

オーストラリアに来て初めて車を購入するのは個人売買が一般的でしょう。メジャーなサイトで車の売買情報が得られます。

ディーラーから購入するよりも個人売買の方が同じ車種を安く買える可能性が高いですが、一番気をつけなくてはいけないところは販売人にとって都合が悪い事を隠していないかという事です。

例えば、過去にオーバヒートを起こしてエンジンがゆがんでしまっていたり、エンジンオイル漏れがあるのに一時的に掃除して分からないようにごまかすといった類の話です。

車の名義が移転する際には認可されたメカニックによるロードワージーの書面が必要になりますが、チェックポイントで引っ掛かるとロードワージーが取得出来るように修理が必要になります。

テストランの際にはディーラーからの購入に挙げたチェックポイントに加えて、タイヤの溝がすり減っていないか、ボディや車の底部分にさびは無いか、ガラスにヒビが無いか、マフラーに穴が無いかなどのチェックも必要です。あとオイル交換歴やサービスの頻度についても質問しましょう。

ちなみに私が初めて個人売買で購入した車はマフラーに穴が空いていました。購入者である私が修理するという取引で販売価格を値引きしてもらいました。

あと、車の登録の期限がいつまで残っているのかも大事なチェックポイントです。購入したは良いが残り期間が短ければ直ぐに登録費用を支払うことになります。登録期限が短い車は一般的にその分安く販売されています。

あとゴールドコーストの南部方面で気をつける話としてクーランガッタの南に行くとQLDとNSWの境になります。QLDプレートとNSWプレートを交換する場合でも車検が必要になりますので、気をつけて下さい。

中古車マーケットについて

オーストラリアの中古車ははっきり言うと当たり外れが大きいです。そして日本の中古車市場に比べると相当な距離を走っているにも関わらず驚くほど価格が高いです。

日本だと10万キロ走っていれば価値はほぼ無しですが、こちらでは10万キロは普通です。車種にもよりますが、1万ドル以上の販売価格はざらにあります。

ヨーロッパ系、アジア系、オーストラリア系の各種自動車メーカーがありますが、やはり日本車は故障が少ないという点で多くの人々から信頼を得ています。

トヨタ、スバル、マツダ辺りが人気があります。中でもやはりトヨタは別格です。メンテナンスをきっちりしているトヨタ車だったら30万キロ以上走ると聞きます。

私が定期サービスに出している韓国人のメカニックもトヨタを絶賛しています。それに比べるとヨーロッパ系の車は10万キロでも電気系統の故障が多くてお勧め出来ないと言ってました。

もちろん、当たりはずれにもよるのでしょう。

中古車情報サイトについて

まずは中古車全体の価格を調べるサイトとして下記が有名です。

日本人同士の売買を探す場合は日豪プレスが一番良いでしょう。帰国する人たちが車を売っています。
nichigopress.com.au

大勢のローカルの方達との売買を探すには個人売買の最大級サイトGumtreeが良いです。
https://www.gumtree.com.au/

ディーラー、個人売買ともに掲載されているTrading Postもお勧めです。
https://www.tradingpost.com.au/

最後に誰でも知っているeBayです。
https://www.ebay.com.au/

おまけ カーオークションについて

今回の記事を書くのにあたって、カーオークションを調べてみました。

カーディーラーがどこから車を購入するかというと、オークションから車を入手してきます。一般個人もオークションで車を購入出来れば、ディーラーの利益が上乗せされませんので安く購入出来ます。

そういった意味では下記の仕組みは面白いと思います。次の中古車を購入する際は試してみようと思います。

http://www.brisbanedealerauctions.com.au/

まとめ

オーストラリアでの中古車購入は当たりと外れのギャップが激しいです。当たりの車を購入すれば何十万キロも乗れます。一方外れた場合は、直ぐに故障したり、修理に予期せぬ金額がかかったりします。

車の購入は大変大きな買い物になると思います。ディーラーから購入するにせよ、個人間での売買にせよ、注意すべきポイントはきっちりチェックして最終的に決定するまで何台か比較した方が良いと思われます。その為にも事前の情報収集は必須です。

そして、購入する意思が固まったら直ぐに連絡した方が良いでしょう。ディーラー、個人売買ともに「掘り出し物」は大勢のライバルが狙っています。

以上、オーストラリアで程度の良い中古車を購入するコツと知っておきたい情報でした。

-自動車

Copyright© ブルースカイオース , 2019 All Rights Reserved.