自動車

オーストラリアで自動車事故に遭った場合の対応方法

投稿日:2018年5月13日 更新日:

自動車の運転は安全第一が一番重要ですが、事故はまさかの時に起こる物。自分が起こしてしまうこともあれば、巻き込まれてしまう場合もあり得ます。

日本で事故に遭った場合でもパニックになりますが、ここオーストラリアでは英語での対応なのでパニックに拍車をかけてしまうかもしれません。
もしもの場合でも出来るだけ落ち着くようにして冷静に対応しましょう。

この記事ではもしもオーストラリアで自動車事故に遭った場合の対応方法についてお伝えしたいと思います。

事故に遭ったらまずする事

事故に遭った場所が他の車の走行に支障をきたす場合は、車が動く状態ならまずは移動させましょう。

おそらくどちらが悪いという話から始まる事になります。自分がぶつけた側なのかぶつけられた側なのかを相手と話す必要があります。それと同時に周囲の証言者(事故を見ていた人)探しも必要です。

事故が一番起こり易い場所は交差点とされています。

直進と右折、左折などの衝突ではどちらに非があるのか、スピードの出し過ぎは考慮されるのかなど色々な状況がありますが、相手に非があるのにこちらに責任があるような言いがかりを付けてくる人もいます。

自分に非がある場合は認めざるを得ないですが、相手に非があるなと思った場合はきちんと指摘しましょう。

そして相手の運転免許証、ナンバープレート、連絡先(電話番号、メールアドレスなど)、保険会社の情報を入手しましょう。携帯電話で写真を撮ると便利です。同じように自分の詳細も伝えましょう。

ほとんどのケースでは任意保険に加入していると思いますが、一番面倒な場合は相手が任意保険に入っていない場合です。

その場合でも自分の保険会社が相手とやり取りをする事になり、その交渉過程や結果は全て保険会社に委ねられます。

最悪のケースはもしも相手が任意保険に入っていなければ、自分の保険で自分の車の対応をしなければいけない事になります。

日本でしたらどんな事故でも警察に一報する必要がありますが、オーストラリアでは車同士の衝突や自分の車単体でどこかにぶつけてしまったような物損事故だけの場合は警察に届け出る必要はありません。

軽い物損事故の場合は保険会社間のやり取りにおいて警察の事故報告書は必要ありません。

事故になって怪我人が出てしまう場合

相手または自分自身が怪我をしてしまっているような場合には警察が必要になりますので警察を呼びましょう。

事故後の対応

まずは自分が加入している保険会社に連絡して事故の詳細を伝えましょう。

自分に非がある場合でThird Party Property Damage(対物保険)に加入していれば相手の車をカバーしてくれますが、自分の車の修理は実費になります。

もし相手に非がある場合は相手の保険で自分の車の修理をカバーしてくれます。全ては保険会社間でのやり取りになります。

Excess について

保険の契約書約款にExcessという文字が出てきます。Excessとは事故が起きた際に自分が支払う額になります。

例えば事故を起こして相手の車の修理をする場合や自分の車の修理をする場合、Excess金額分だけ自分が負担する事になります。支払先については自分の保険会社から指示があります。

まとめ

事故の場合には心を落ち着かせてなるべく冷静に対応する様に努めましょう。まずは自分と相手に怪我がないのかを確認する事が大事です。怪我人が出ている場合は必ず警察に連絡して警察の到着を待ちましょう。

車両の損傷度合いの確認とどちらに非があるのかという話し合いも非常に重要です。

後ろからの追突や真っすぐに走行している最中に横から衝突されたなど明らかに分かり易いケースでの相手との話し合いはスムーズでしょうが、交差点での事故や複数台が重なってしまった事故などの場合は複雑です。

オーストラリア生活で事故が起きない事を願いますが、事故はまさかの時に起こるもの。まさかの時に役立つのが保険。最低限の保険に入っておく事を強くお勧めします。

以上、オーストラリアで自動車事故に遭った場合の対応方法でした。

-自動車

Copyright© ブルースカイオース , 2019 All Rights Reserved.