観光 ケアンズ

【体験記】グレートバリアリーフを手軽に楽しめる世界遺産グリーン島ツアー

投稿日:2018年11月18日 更新日:

2日目はケアンズ最大の観光名所、世界遺産グレートバリアリーフのグリーン島でスノーケリングを楽しみました。

グレートバリアリーフはクイーンズランド州北東部沿岸の全長2600キロに渡って続くサンゴ礁群です。クイーンズランド最北端からブリスベンの少し北にあるレディーエリオット島まで延々と続くサンゴ礁群の中でグレートバリアリーフといえばケアンズ周辺が一番有名です。

事前に色々調べて予算も考慮した結果、ケアンズから約45分の船旅でグレートバリアリーフでのスノーケリングを手軽に楽しめるグリーン島ツアーをベルトラで予約しました。

ベルトラの記事は 海外オプショナルツアーを日本語でお得に予約するにはベルトラ をご覧下さい。

グリーン島ツアー

Great Adventures社が開催するグリーン島ツアーに参加しました。ケアンズリーフフリートターミナル出航が8時30分、10時30分、13時の3便、グリーンアイランド出航は12時、14時30分、16時30分の3便です。

私たちは行きがケアンズ出航10時30分、帰りはグリーン島出航16時30分便を利用しました。

ベルトラで予約したバウチャーを持参して、リーフフリートターミナルのGreat Adventuresカウンターでチケットに交換してもらい船に乗り込みます。出発の30分前にはカウンターに到着しておく事をお勧めします。

カウンターには日本人スタッフがいて日本語パンフレットもありました。言葉の心配は全くいりませんでした。チケットを見せて船に乗り込みます。

ラッキーな事に天気が良かったので船上デッキに座ってグリーン島までの船旅を楽しみました。外海ですがグレートバリアリーフがうねりを押さえてくれているのかそれほど揺れませんでした。天候が悪い日は酔い止めが必要かもしれません。

45分の船旅でグリーン島に到着です。

ツアーにはスノーケル道具一式(マスク、スノーケル、フィン)レンタルまたはグラスボトムボートのどちらかが付いています。

グラスボトムボートは舟底が透明になっていて海に潜らなくても水中の魚を鑑賞出来ます。

グラスボトムボード

私たちはスノーケル道具レンタルを選んだので島内のダイブショップで受け取り、早速スノーケルポイントに向かいました。

スノーケルポイント。手前が浅いサンゴ礁で魚が泳いでいます。

沖の色はエメラルドグリーン。ゴールドコーストの海より更に南国の色合いです。

遠浅なサンゴ礁

スノーケルポイントにいた旅行者のポーランド人がGo Pro水中カメラで撮影した写真。話しかけたらとてもナイスガイで写真を送ってくれました。

こんな大きなウミガメを観れたそうです!

海底は浅いので水を恐れる必要はありません。岩場周辺に魚が群れています。水中カメラを持っていけばこんな写真や動画がたくさん撮れます。ぜひお勧めです。

島内のアクティビティ

島にはワニ園があります。入場料は大人$20、子供$9.50です。

プールやレストラン、カフェもありますので、一日ゆっくり出来ます。昼食付きのツアーもありますが事前に予約しなくてもレストランやカフェで食事が出来ます。

島の面積は12ヘクタール(東京ドーム2.5個ぐらい)、一周歩いても40分ほどでした。

グリーン島を満喫して午後4:30発のフェリーでケアンズに戻りました。スノーケルやプールで泳いだりしなければ1本早い午後2:30発でも十分かもしれません。

お子さんを連れたファミリーでしたら一日ゆっくり自然と戯れるこの島は本当にお勧めです。

グレートバリアリーフのアウターリーフクルーズ

今回グリーン島の1日ツアーでしたが、更に外海を目指すアウターリーフクルーズがあります。またグレートバリアリーフ内に数々の島があります。体験ダイビングや本格的なダイビングツアーもあります。

まとめ

ケアンズから手軽に行けるグリーン島ツアーは絶対に外せないアトラクションでした。予算に余裕があれば更にアウターリーフや他の島へのツアーも良いでしょう。

私はダイビングをした事がありませんが、日本からグレートバリアリーフを目指すダイバーの方達の気持ちが少し分かった気がしたツアーでした。

グリーン島ツアーを含めてグレートバリアリーフのオプショナルツアーをチェックするのはベルトラがお勧めです。ベルトラへは下のバナーからどうぞ。

VELTRA

以上、【体験記】グレートバリアリーフを手軽に楽しめる世界遺産グリーン島ツアーでした。

-観光, ケアンズ

Copyright© ブルースカイオース , 2019 All Rights Reserved.