ショッピング

ツーリストリファンドスキームについて

投稿日:2017年8月27日 更新日:

日本へのお土産をある程度まとめて購入する場合は支払った税金(GST)を払い戻してくれるツーリストリファンドスキームという手続きがあります。ここではツーリストリファンドスキームの詳細と手続き方法をまとめてみました。

ツーリストリファンドスキームとは?

オーストラリアのGST--Goods and Services Tax(消費税)は10%です。

GSTはオーストラリア国内で商品やサービスを消費するための税金ですので、オーストラリア国外に商品を持ち帰る場合は国内消費に当たらない事になります。

そしてツーリストリファンドスキームとは主に旅行者等向けのサービスで一度支払ったGSTの払戻しを目的にした制度です。

生鮮食料品などにはGSTがかかりませんが、定番のお土産物であるUGG ブーツや洋服、ワイン、サーフボードなどはGSTがかかります。

所定の手続きを取る事によってオーストラリアを離れる60日以内に購入した商品に対する税金10%が払い戻されます。

ツーリストリファンドスキームでの払い戻しの条件

  1. 出国日からさかのぼって60日以内に購入した商品
  2. 1カ所のお店で税込み総額$300以上の購入(複数商品でも可)
  3. インボイス(請求書)原本を保有(複数のインボイスでも可)
  4. 機内持ち込み荷物として実物を見せることが出来る商品

新品でなくても洋服や帽子など身に着けてカウンターで見せることが出来れば申請可能です。購入したお店のインボイスは会社名やABN(Australian Business Number)、商品明細が必須です。

手書きのレシートの様な物では受け付けてもらえないため(ビジネスとして政府に登録している会社である事が必須)、きちんとインボイスを入手して下さい。

例えば定番のお土産、UGGブーツやヘレンカミンスキーの帽子など複数購入するようでしたら、品揃え等を比較して1店舗で$300を超えるようにまとめ買いしたら良いでしょう。

手続き方法

実際の商品を手荷物として国際線出国待合室まで持って行きツーリストリファンドスキームカウンターで申請します。

インボイス(請求書)、パスポート、航空チケットを用意して下さい。

払い戻し方法はオーストリアの銀行口座へのオーストラリアドルでの入金、小切手(銀行チェック)、クレジットカードへの返金の3種類です。申請後60日以内に指定の方法で払い戻しされるそうです。

ウェブ、スマホアプリでの申請

時代も進化して、空港カウンターでの申請以外にウェブページでの申請やモバイルアプリでの申請(アンドロイド、i phone、windows mobile)も可能になったようです。

申請方法の詳細は下記をご覧ください。
https://www.border.gov.au/Trav/Ente/Tour/Are-you-a-traveller

以上、ツーリストリファンドスキームのご紹介でした。

-ショッピング

Copyright© ブルースカイオース , 2019 All Rights Reserved.